男二人の、札幌らーめんが食いたい!勝手丼が食いたい!北海道の旅

(2013年05月31日)

今回の北海道ツーリングは男二人のさぶいツーリングなのでした
日程は8月16日~20日!でも往復、新潟からのフェリーなので
道内は2泊3日の即効ツーリングなりッ!
バイク→ ZRX1100 ZX9R

 

 

 

 

 

<8月15日>
うぉ~明日から北海道ツーリングだぁ~
仕事を5時に強引に終了し、いざ今回のツーリング仲間宅へ!
仲 間(J)←(通称ジェイ)の家に着くと、ジェイは子供のおもりをしてました、「うぃーす!いよいよ明日だなぁ~」なんていいながら2人で地図をおもむろに 広げて最終コース確認をしつつ「絶対勝手丼食わんかなぁ」と話が盛り上がっているときに、「あれ!明日の朝出発するんだったら、別に今日でもいいんじゃ ねぇ」と突然思いつき「どうする?」と問い掛けるとジェイも「そーだよねぇ 新潟で一杯飲んで健康ランドかその辺で1泊もいいなぁ」との返事、時計を見る とギリギリ新潟までの船に乗れそう!でも良く考えたらおいらは、まだ荷物の用意もしていなかった!「やっぱダメだわ間に合わない」次の船だと夜中着だし、 それなら佐渡で飲んでいたほうが良いなという結論に達し、丁度そこに携帯が鳴ったのででると飲み友達からのお誘いコール!「俺たち明日から北海道ツーリン グなんだ、だからそのままそこで飲んで泊まってていい?」とお願いすると「了解」との返事!おいらはそのままバイクを取りに実家に向かった。
どうにか荷物をまとめバイクに積んで、飲み友達宅に向かった。
その日は次の日を考え11時頃にお開きにしてそのまま、そこで
爆睡!!

 

<8月16日> すずめの鳴き声をよそにバイクのエンジンをかけ、いざ両津港に出発。よく考えたら佐渡→新潟、新潟→小樽とかなりの船旅なりなぁ 新潟に着岸し新日本海フェリーへと向かう、船内のレストランはチョット高いので途中コンビニで食料を仕入れフェリー乗り場到着!「あれ、バイク少ないなぁ~やっぱシーズン終わったのかなぁ~」と思っていると何組かのグループがきたのでなんか安心! 船に乗り込むとすでに多くのバイクが乗り込んでいたので もっと安心!?でも次の瞬間「げ!部屋空いてるかなぁ?」 と心配がよぎる(なんせビンボーツーリングなので2等船室の予約だったので)客室に向かうと何とか2人分の席をゲットでき一安心。そのままバーベQ会場へ行ってビールをグイグイっと「ふーやっぱびーるだねぇ~」 8月16~17日 バーベQ会場でチュウハイをガンガン飲んでいたら、カップラーメン を食べている人がちらほらと、「やべぇ~どんべい食いてぇ!」と 心の声(本当に声に出たのですが)それで売店に行ってみると カップラーメンなんてどこにも無いし、自販機も見当たらなく 売店の人に聞いてみると船にはおいていないとの事! (みんな乗船前に買いこんでいたのでした) 仕方なくカップラーメンはあきらめて、とりあえず風呂に入ることに。 風呂は時間帯がわるかったのか結構混んでいてビックリ! しかしシャワーの勢いもまぁまぁだし、この船の中にどれだけの水が 積み込まれているのだろうと関心しました。 風呂からあがりだんだん日も落ちて暗くなってきて、船の側面に位置する ロビー?で友達と二人で再びビールを飲んでいると窓から灯台の灯りや 町?の灯りが見えるではありませんか! 「あれ、日本て船の反対側で見えるはずだよねぇ?」 じゃあれはソ連(ロシア)? 「すげぇ~近っけぇ~」と感激?しつつ もう寝ますかと寝床に着くのでした・・・ 夜目がさめると友達がいないので喫煙場所に行ってみると、案の定そこに いて、4人が座れるくらいのソファーがあるのですが、その一番端っこを 指差したのでそこを見ると、すげぇ~体勢で寝ている人が!その脇には 7分位飲みほされたワイン(庶民的なもの)とカップラーメン(どんべい)が! 「なぜここで?しかもそんな体勢で?しかもワインかい!でもってやっぱり(どんべい)?」 といろいろな疑問を抱きつつ、笑いをこらえるのが精一杯でその場を後にして 再び寝床に。 周りが少しさわがしいので目がさめると、もうすぐ小樽港! 「とうとう来たなぁ」と心で思い、二人で例の喫煙場所に行くと。 なんと!ワインがさらに減っているではありませんか(残り1分位)、しかもその人は さらに過酷な体勢で寝ているし(苦しくないのかなぁ?) いよいよ船は着岸し、ライダー達は荷物を再びバイクに積みなおして(船に乗った時点で 1回荷物を降ろさなくてはならないのでした)1台1台北海道に上陸するのでした。 まわりも明るくなり始め、天気は曇りっぽいけど、とりあえず最初の目的地「旭川ラーメン村」目指して行くべぇ~!(今日中には知床半島まで行かねば!) 5号をひたすらもくもくと2人で走っていくと朝なので道がガラガラ(昼間もかなぁ?) でもポリスが怖いのでとりあえず地元車に合わせて走っていると、結構これが 平均スピード速いですよねぇ~って言う感じで気持ちいい!!

 

佐渡では考えられないこの感じ!やっぱ北海道!しかも道広いし。 札幌を抜け日本一長い直線?(信号機も多い)を走っていると やたらととばす地元の車を発見!こりゃついて行くしかないでしょ 着いていくのは良いけど、すげぇ~スピードでしかも信号はオールクリア(青の オンパレード)でさらに加速!この人は一体どこまでとばすのだろう?と考えつつも とりあえずついて行くしかないとアクセルを戻せないのはバイクのりの性? なんとなく旭川に着いたのが9時頃でラーメン屋開店まで多分まだ早いので「マック食べようよ」と言う事になり近くのマクドナルドへ。レジ?で注文するとそ こには、作り笑いの一つも無い店員さんが、友達と2人で「あれ!マックっていつも笑顔で愛想いいはずだよねぇ」と言いながらもくもくとマックを食べるので した。そこを後にしていよいよラーメン村に到着!「ラーメン屋何時開店だっけ?」「確か11時!」げ!2時間もあるよ~、「もっとゆっくりきても良かった ねぇ」とも思ったけど、アクセル開けっ放しで楽しかったしいいか。 開店まで近くのお店でふらふらして、いよいよOPEN!10分前! すでにお客さんが並んでいるお店もちらほら、チョット悩むが結局「なきうさぎ」と言う お店に決定! 早速、チャーシューメンを頼んでみる事に(今回のツーリングの目的の一つだから超ワクワクでした)食べてみるとなんとなく懐かしい味のラー メンで美味しかった!でも「もしかしたら新潟でも食べられるかも?」と心に変な言葉がよぎったけれど、 この場所でこのラーメンを食べるっちゅーところに意義があるんだと自分に良い聞かせました。あ!美味しいのは事実ですよ!

 

 

そして今回の宿泊予定地である知床半島むけて出発! 途中、対向車線のバイクと会うとみんな「ピースサイン」をしてくれるので ツーリングにきてるなぁ~と実感! 知床半島の「おしんこしんの滝」が本日の最終目的地だったのですが、結局その手前 50km位のところで「今日はこの辺でキャンプにしよう」と言うことに決まり コンビニを探してお酒類&食料を調達してキャンプ地に向かう事に。 そのキャンプ地に着くとバイクは1台も無く家族連れの車が数台で、寂しい 雰囲気。ま、静かでいいかぁとおもいつつ受付をすませ2人でテントをたてて さっそくカンパーイ!あたりも暗くなり今日一日の出来事を思い出しつつ 話していると、近くでバイクの音が!しかもかなりうるさい(でも1台の音) 「もしかして、このキャンプ場に来る?」と二人で話をしていると案の定 うちらのテントの横にバイクが止まったではありませんか。 「それにしてもすげぇ音だなぁ~」「とりあえず声かけてこいさぁ」と友達に 言うと「えぇ~」。しょうがねぇ~なぁ~とおいらがトイレに行って戻ってくると そのバイクの人から「こんばんわ!」と声をかけてきてくれたので「一人ですか?」 とかなんとか言って会話がはずんできたので「一緒に一杯やりますか」で3人の 宴会が始まったのです。といってもこちらの酒類は終了間近で、「やべぇ~誘っといて酒がないじゃ申し訳けないよなぁ」と考えていたらその人が「タンタカタン」と言う焼酎を持っていたのでとりあえずそれを頂く事に。 その人は北海道上陸してもう3週間目だそうで、しかも明日からイクラの加工場みたいなところでバイトを始めるそうな。 3週間の間には色々なところを泊まり歩いたみたいで、おいらと友達はすっかりその話しにはまってしまっていたのです。(世の中色々な人がいらっしゃる) しかもその人のバイクがまたこれがすごいバイクで、もとは「ハーレー」らしいんだけどフロントフォークがやたら長く「これってUターンできないよねぇ?」って聞くと 「あ、できませんね」(^^)と軽い返事! まぁこれだけ長いとカーブも曲がれないのではというくらい長かった。 クラッチも足ふみ式?に改造してあって とても おいらには乗りこなせる代物じゃないバイクでした。 その人の見た目はワイルドだったけど話すと、わりかし礼儀の正しい(でも悪はやってるなぁ)人だったのでその晩は3人でちょびっと盛り上がりおいら達二人は先に お休みモードに入るのでした。

 

ページトップへ戻る